メニュー

ミルトス・フルート音楽教室ブログ

ブリュッセルより (佐藤講師ラストブログ)

2017年12月07日

[ブリュッセルより  ]

20171009_154923-EFFECTS

皆様、ブログをご無沙汰してしまい大変申し訳けありません。

こちらブリュッセルでは、2日前の木曜日に初雪がちらつき、また一段階寒くなりました。
昨年は、暖冬の影響で1度も雪は降らなかったそうですが、それでも1~2月は寒くて辛いよ~、と南フランスから来た先輩学生から脅され、今からビタミンDを呑み始めるよう、教わりました。これこら先、日照時間が減る一方なので、欝っぽくなる人が増えるのだそうです。

実は、今年9月4日、ブリュッセル王立音楽院の大学院(正しくはマスターコース)の入試に合格させていただき、慌てて帰国し、身辺整理と出国準備。10月7日に遅ればせながら再びブリュッセル入りし、学生生活を始めさせていただきました。

遅ればせながら、少しでも上手くなりたいという思いと、音楽的な疑問解決のためにも、1度は経験しておかねば後悔するのではとの思いが募り、そのような中、偶然にも諸先生方のお陰様で急展開のチャンスをいただきました。

余りにも突然でしたので、心の準備も今一つ。そして身辺整理も、慣れない出国準備も、身を粉にしましても充分には参りませず、皆様には何かとご迷惑をお掛けしてしまいました。

先ずは少しばかり、ここでの生活面を語らせていただきます。
ブリュッセルに来ましてから涙の4週間後、やっとホテルからアパートに移り住む事ができ、更に2週間後、部屋に流れて来そうな程のトイレや洗面所の水漏れも改善され(衛生上の問題を考えると目まいがしそうでした)、更に一週間後の今日、漸くポリスが抜打ち住居調査に来て下さり、かなりほっとしました。
VISA手続き終了までの道のりは、あと2ステップ位の辛抱かと思います!
ここCity区域においてのVISA手続き完了までの道のりは本当に険しく、なかなか学業に専念させて貰えない程です。お役所等に問題システムがあり、これはなかなか人様から語られない部分ですが、「本当に泣くからね!」と、先輩学生たちから脅されてはいましたが、只々唖然。私は難民ですか?と思わされる日々が続きました。
でも、日本人が多く住む地区のお役所等では改善され、とても住みやすいと聞いています。

音楽院では、インターナショナルな学生たちは皆、思いやりや譲り合いの精神があり、とても癒され、毎日助けていただいてます!
そして授業は、演奏だけでも、ソロレッスンが週に2~3回、他に、通奏低音、室内楽、オーケストラなど、沢山の先生から学べます。
そして毎回、目からウロコです!
こんな素晴らしい教育が日本で受けられるようになったら、どんなに能率的でしょう。と思ってしまいますが、それは無いものねだりですね!

1年目は感動で終わってしまいそうですが、何とか2年目へ繋げ、少しでも自分のものにしてゆけましたらと思います。
そして、この感動を、皆様に少しでも伝えられるようになれましたらと思います。

長期の休講をお許しくださいました、奈津子先生、そして皆様、私の我が儘をお聞き入れくださり、本当にありがとうございます。
ここに改めて、お詫びと感謝を申し上げます。

そして再びお目に掛かれますことを願って。

佐藤徳子 2017.12.2.IMG_20171024_193758

カテゴリー別

体験レッスン ご入会方法 よくある質問 発表会 講師紹介 J-Symphonie Trio Luce 演奏依頼 blog facebook

ミルトス・フルート音楽教室

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸
3313-2-105

044-767-7499
ページのトップへ