メニュー

ミルトス・フルート音楽教室ブログ

【病気の子どもたちとその家族支援のための 古楽チャリティーコンサート】を終えて

2014年11月19日

【病気の子どもたちとその家族支援のための  古楽チャリティーコンサート】を終えて 11/15(土)15時開演 日本キリスト教団 横浜磯子教会にて お陰様で、皆様より沢山のチャリティーを寄せていただき、大変ありがとうございました。責任者のソブラノ井上美鈴さんを通し、ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパンへ寄付させていただきます。

今回は、私個人的にも、とても美しい教会にて、沢山の暖かいお客様にも囲まれ、心に残る特別なコンサートになり、感謝いたしております。 チラシには、シンセサイザーとピアノとありましたが、共演者の方々の協力により、急遽、拙宅の小さい方のチェンバロ(正しくは、スピネットと呼びます)を運んでくださり、私はスピネットとピアノで、ソロ曲と通奏低音を演奏させていただきました。

CA3F0071   スピネットでのソロ曲は、ルイ・クープランのへ長調のプレリュード…この秋、私が所属させていただいておりました東京エラート室内管弦楽団の指揮者で、恩師でもあります玉置勝彦先生が、亡くなられました。私事ながら、かつて先生の前で初めて弾きました曲を、思いを込めて弾かせていただきました。 ピアノソロ曲は、シベリウスの「樅の木」…音楽とは、時には不思議な力を発揮しますもので…美智子皇后陛下が、かつて失語症のために葉山御用邸にご静養の折のこと、ピアニストの館野泉大先生が演奏された「樅の木」を聴かれた時に初めて声を発せられ、以降は葉山御用邸にご静養の度に館野泉先生を招かれ、「樅の木」をリクエストされたそうです。 また今頃気付きましたが、玉置先生と館野先生とは、無二の親友でらしたと玉置先生より良く伺っておりました。この度の選曲も、何だか不思議な繋がりを感じております。 ご来場の皆様、教会の皆様、共演者の皆様、心より感謝申し上げます。 CA3F0072 佐藤徳子 2014.11.18

チェンバロもならえるミルトス・フルート音楽教室

カテゴリー別

体験レッスン ご入会方法 よくある質問 発表会 講師紹介 J-Symphonie Trio Luce 演奏依頼 blog facebook

ミルトス・フルート音楽教室

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸
3313-2-105

044-767-7499
ページのトップへ