メニュー

ミルトス・フルート音楽教室ブログ

楽器は音を出してこそ その1

2014年10月14日

最近、  眠っていた楽器たちがよみがえっています。

まずは、10年以上、弦も張り替えずケースの中に眠っていたギターです。まもなく、クラシック・ギター科を開講予定ですが、講師の長 祐樹先生が打ち合わせに見えた折に、おそるおそるお見せしてみました。使えるのかどうか心配しましたが、ごらんいただいて後、「弦を張り替えれば大丈夫ですよ。」とのこと!

早速、新しい弦を買ってきて、長先生に張り替えていただきました。これでいつでも使えます!(この楽器は、教室の生徒さんへの貸し出し楽器としてもお使いいただけますよ。)

DSC_0152

 

そして、当教室の楽器ではないのですが、知人のお嬢さんがお使いだった古いヴァイオリンの嫁入り先もお世話させていただきました。

小さなお子さんだった頃に使われていた分数ヴァイオリン。1/16、 1/10、 1/8 サイズで、ちっちゃくて可愛い!でもケースを開けてみると、長い間だれにも弾いてもらえなかった様子は、なんだか哀れでした。。。

これもヴァイオリン奏者の友人に、きちんと弦を締めなおしてもらい、状態を整えてあげて弾いてあげると、生き生きと歌いだしました!

その後、次の引き取り手がみつかって旅立ちましたが、きっと新しい持ち主にステキな音楽との出会いを提供していることでしょう。

 

vn.張り替え

 

大切なものは使わないと大事に奥~の方へしまいがちですが、楽器は音を出してこそ、価値のあるものです。

もしも眠っている楽器があるなら、ぜひ、埃をはらってよみがえらせてあげてくださいね。

きっと新しい世界を広げてくれますよ!あなたを輝かせるために。。

 

登戸の音楽教室は ミルトス・フルート音楽教室

カテゴリー別

体験レッスン ご入会方法 よくある質問 発表会 講師紹介 J-Symphonie Trio Luce 演奏依頼 blog facebook

ミルトス・フルート音楽教室

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸
3313-2-105

044-767-7499
ページのトップへ