メニュー

ミルトス・フルート音楽教室ブログ

ダルクローズ・リトミック国際大会に行ってきました

2014年09月01日

真夏の暑さの中、去る8月19日、新百合ヶ丘の昭和音楽大学を会場に開かれた、ダルクローズ・リトミック国際大会に行ってきました。

私はリトミックを専門に学んだことはないのですが、とても楽しくてワクワクするレッスンをこどもたちにしている、素敵なT先生のご紹介で、一日だけ体験参加させていただきました!

 

DSC_0056 (1)

 

 

リトミックときくと、幼児教育と思われ方も多いと思いますが、子供に限らず、舞踏、演劇の表現能力のトレーニングにも使われているよう。

どういうものかといえば、音を聞き、それを感じ、理解し、その上で楽器に触ったり、音の組み合わせて音楽を作ったりしてます。体全体で音楽を味わい、その喜びの中で音を出し、かなで、旋律をつくっていくことへの興味と音感を育もうとするのだそう。19世紀末から20世紀初頭にかけてスイスで、音楽教育家で作曲家でもあったエミール・ジャック・ダルクローズが開発した音楽教育の方法です。

さて、私が参加したクラスは、その日がリトミック初参加という人ばかりのクラス。

動きやすい格好で、「はだしで」始まりました。

二人組みになって、前の人の真似をしながらついていきます。ゆっくり、、早く!、向きを変えたり。体全体をつかって動きを感じとりました。

そして、モーツァルトの交響曲を聞きながら、拍を打つ→拍子をとる→音楽のフレーズを探す→曲の構成をみつけていく、といった作業をしたり。

三拍子の1拍目、2拍目、3泊目のキャラクターを感じ、考えて、自分の考えた音をあてはめて、グループで即興演奏したり。。。

楽器のレッスンでは、ほとんどやったことのないことを次々に経験していきました。

でも、これらの音楽を感じ取る作業は、楽器を持つ前にできていると、楽器の演奏がとても楽になることだと思います。

小さな頃から、こんな考えで音楽を学び始めれば、きっと楽器の上達が早いことでしょうね~

たくさんの子供達と大人たちに体験していただきたいなぁ。

最後に先生が「音楽は動きです」とおっしゃったことを納得できる約2時間のレッスンでした!

 

DSC_0053 (2)

教えてくださったマテュ先生です。本当に楽しいレッスンでした。こどもたちにもやらせてあげたいな。

 

余談ですが。。。日ごろ運動不足の私はサーキットトレーニングでもやったかのようにくたくたになりました。ダイエットにも一役かえるかも?!(北方奈津子)

 

音楽の基礎から学べるミルトス・フルート音楽教室

 

 

カテゴリー別

体験レッスン ご入会方法 よくある質問 発表会 講師紹介 J-Symphonie Trio Luce 演奏依頼 blog facebook

ミルトス・フルート音楽教室

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸
3313-2-105

044-767-7499
ページのトップへ